ブログ

2014.09.18

雑誌が見つかった!

 一昨日、製本が出来上がり、納品になりました。

毎年、7月に前年度受入の雑誌を製本に出します。

電子化が進み、製本雑誌の数も数年前に比べると半分くらいに減ったでしょうか。

受入データをチェック、リストを作成し、リストと突き合わせながら雑誌架から雑誌を出してまとめます。

現在の図書室になって、17年、図書室管理の雑誌の紛失は1冊か2冊です。

ここ10年は、紛失がありません。今年も記録更新ができるかと思いながら作業をします。

「あれっ 雑誌がない! 貸出中か、返却してもらわなくちゃ」

「むっ!雑誌がない! これは貸し出していないぞ」 

そうです。1冊無断持ち出しです。

これを持ち出したのは、外科か研修医の先生かな」

と独り言をいいながら、サイボウズの電子掲示板に



と書き込みをしました。

これでも足りないかなと、同じ文面を印刷して、各部署に配布をしました。

翌日の副院長との会話

 「○○さん、不明雑誌あった?」

 「いいえ、まだありません」

 「外科だよね」(ちなみに副院長は外科です)

 「外科か研修医だと思うのですが、先生じゃありません?」

 「僕じゃないよ!!」

10年以上も続いた、記録が途切れるのかと、ちょっと落ち込んで週末を迎えました。

月曜日の朝、ブックポストに貸出中の雑誌が戻ってきました。

嬉しいことに、一緒に『手術』が戻ってきました。

ワーッ 今年も記録更新だ。

紛失雑誌ゼロがつながりました。

「どうして紛失がないのですか」

担当者の醸し出す雰囲気でしょうか?

by 図書館のお姉さん

トラックバック

トラックバックURL:

コメント



図書館のお姉さん

記録更新おめでとうございます!!

廊下で会うと『あっ、本返さなきゃ』とは言われるのですが…製本準備で何冊の紛失があるのやら…。

羨ましい限りです。



  • 2014.09.18 21:26
  • 図書室の鬼

コメントフォーム

Calendar

«9月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site