ブログ

2015.01.14

院内広報紙つくり 

患者図書室の広報紙、新年号がようやく完成しました

院内職員による医療にまつわるミニレクチャーと室内資料の紹介が中心♪

広報方法は、院内掲示と、配布、

そして病院ホームページにも掲載します。

ホームページに掲載するためには、

著作権者から承認を得るよう、病院管理者から注意喚起がでています。

(これがなかなか大変なんですよねー)

今回は医師から提出された図について、著作権承認の依頼をしました。

「サイトから図を2つ使いたい」

体の一部分のイラストです。

一方の図は出版社のサイトで、問い合わせから依頼しました。

本に掲載されているので、その本を購入してくれるなら許可するという回答でした。

(なかなかシビアですねー)

図書予算にかかわることでもあり、今回その図はなしでいくことに決定

もうひとつの図は、

ある企業のサイトのもので、イラスト自体は出版社のものでした。

先生はサイトには「自由に使っていい」と書いてあるとのことでしたが、

心配になりそのサイトを見てみました。

会員でないと見られない

サイト内の問い合わせから依頼しました。

返事がなかなかこない

ようやく届いた返事には、

広報紙への掲載は典拠を付ければ問題はないが、

ホームページへの掲載は

「第三者が自由に閲覧できる環境となり、

転載をコントロールできず、

また営利目的とみなすため許可できない」

というものでした。

(公立の病院で広く公衆に医学医療情報を広報しようとしているのですが、厳しいですねー)

ということで、先生には

自分で描いていただきました

(最初から先生に描いてもらえばよかったなー、とぼやきつつひとまず完成に安堵)

こういった経験、みなさんもありますか?

by 福ちゃん

 

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

体験談は語れないのですが、お邪魔します。
福ちゃんさんのブログを拝見し、
大変勉強になりました。

著作権法に関して勉強はするけれども
福ちゃんさんのような事例に直面したとき
許可は必要なんだろうなと漠然とはわかっていても、
じゃあ実際どうしたらいいいの?
著作権者にどう交渉したらよいの?
ということがわかっているようなわかっていないような。
ですから今回とても勉強になりました。ありがとうございます。

どういうとき許可を得るのか?
典拠…必要な情報は?
などなど
わかっているようなわかっていないようなことだらけです。

研修会やほすぴの誌面上でも
今回のような体験談に基づく事例、お聞きしたいです!

  • 2015.01.15 10:05
  • nanaちゃん

コメントフォーム

Calendar

«1月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site