ブログ

2015.08.03

所蔵確認 雑感

夏休みも中盤にさしかかりました。こども達の通学姿もなく往復の通勤がスムーズな今日この頃。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、病院図書室の代表的業務のひとつに「文献複写」があります。利用者からのリクエストに応えて院内所蔵のない文献は院外手配となります。

 ここで問題になるのが所蔵確認。JHLAではHOSP!CAの稼働でずいぶん便利になりましたが、希少資料はやはり探すのが大変です。

 先日は「群馬県救急医療懇談会誌」のリクエストがあり、県内・国内を探して1箇所だけ該当号があったのが群馬大学様。これまで利用したことがなく、おそるおそる電話で確認すると「受付可・料金後納(但し現金書留)」とのこと。よろこび勇んで申込みした次第です。

欧文誌はさらにキビシく、国内所蔵がない時も。業者さんのお世話になることも年に数回はあります。

しかし、最近になってGoogle やGoogle Scholarでフルタイトル検索するとフリーPDFにたどり着く可能性があることを知り大変役に立っています。これは『ほすぴたるらいぶらりあん』連載の安田裕子氏著「文献検索の事例」シリーズに掲載されている内容のひとつ。会員向け雑誌でありながらなかなか読めていませんでしたが、改めて「読むべきだなあ」と感激しました。

もっと言えば日本病院ライブラリー協会刊行の名著『ホームスの冒険』(小林靖明氏著)を熟読すると検索・所蔵確認能力が格段にアップすることうけあい!(出版社のまわしものではありませんのであしからず)

日々の文献探しは同じネットワーク仲間の助けなしにはできません。この場をお借りして沖縄メディカルライブラリー研究会の仲間たち、全国の同志の皆様に厚く御礼申し上げます。

(南国のライブラリアン)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site