ブログ

2018.04.26

患者図書室 利用案内(高松赤十字病院)のご紹介

患者図書支援事業 「利用案内」を更新しました。
今回は高松赤十字病院患者図書室「ひだまり」の利用案内です。
手に取りやすいようA5サイズで作成され、要点をまとめ、内容が伝わりやすいよう作成されているそうです。
図書室の様子がわかる写真も大きく掲載され、雰囲気も伝わる利用案内となっています。
担当者からのコメントです。

患者図書室「ひだまり」は2012年に開室しました。
患者図書室「ひだまり」の命名は、「患者さんが疾患と闘う中で、悩んだり迷ったりしたときに気軽に訪れることのできる場所。暗闇の中に差し込む一筋の光のように、まさに冬の寒さの中でも、ひだまりにたたずんだときの暖かさを図書室に感じてほしい。」という想いからです。
当患者図書室では、医療、健康に関する本を配架しております。
入院患者さん、外来患者さん、ご家族の方だけでなく、面会の方や地域の皆様、病院職員など、どなたでも自由に利用できます。
一般書や文庫本などを希望される皆様には、病院職員や患者さんからの寄贈の図書で作ったリサイクルBookコーナーを院内に設置しています。
また、毎月患者図書室からの広報紙『こもれび』を発行しており、利用者さんにおすすめの本を紹介しています。


当委員会では、各施設の利用案内・広報誌を紹介することで、全国の患者図書室の設置・運営の参考にしていただきたいと思い活動しています。
発行施設はぜひご連絡ください

(患者医療図書サービス支援事業)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«4月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site