ブログ

2017.10.31

山形情報

2週連続の台風で、秋の紅葉を楽しむ間もなく冬になってしまいそうではらはらの毎日・・。
紅葉の終わってしまった山は茶色い・・(涙)
どうか、あと2週間、秋が待っていてくれますよう願うばかりです。

その山形市。本日の最低気温6度、最高気温14度、天気は曇り。台風が去り、急に気温は下がってしまいました。
そんな本日の私の服装は、トップスは厚手のカットソー、上着はコーデュロイのジャケットです。
流石にまだウールのコートは早いかなー、という感じです。

・・・とはいえ、夜は急激に気温が下がるので、ライトダウンジャケットやカシミヤセーターのような、
コンパクトで暖かい上着があると便利です。ぜひご準備を。
研修会まで、また続報をお伝えします!


By 山形の石川


本日のどんよりした景色

2017.10.27

もうすぐ秋の研修会

台風21号が過ぎ去ってもまだすっきりしないお天気の日立市です。
次の台風の影響でしょうか…
会員のみなさんの被害状況など調査中ですので
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、いよいよ秋の研修会がせまってきました。

開催地は初の山形県!です。

日立市からは、いったん東京に出てから山形に向かいます。
山形の会員の方々が、東京の研修会に参加するときは、
どんな景色をみているのか、車窓から楽しみたいと思います。

研修会のテーマは「医療安全」です。

ちょうど11月は、「医療安全推進週間(厚生労働省)」でもありますね。
患者さんが安全な医療を受けるために、
病院図書館だからこそ知っておくべきキーワードを学んでいきましょう。

今回の懇親会は、地方の特色をいかした企画になっております。

山形の食と温泉… ゆったりと足をのばしてリフレッシュしてください。
いつもとは違う魅力がたっぷりですよ。

ホームページのトップ写真が変わりました。

山形県立中央病院から見える景色だそうです。
何の山が見えるのかは、当日来てからのお楽しみです


by
 会長 大沼由紀子

2017.10.25

10月13日金曜日

ジェイソンの話、ではありません。

この日、数か月かけて準備してきた地区ネットワークの研修会が無事終了しました。
今回は沖縄メディカルライブラリー研究会20周年の記念となる研修会で
いつもよりワンランクアップした会にしよう!と
事務局みんなで知恵を絞り案を練ってきました。

講師案から先方への打診、会場探し、会員への周知。
横断幕を作成してくれる会員さんがいたり
発表を快く引き受けてくれる会員さんも。

手を尽くして準備万端!なはずだったのに、会場入りしてから気がつく問題が山積…
片付けの際に発覚する“移動式スクリーンが巻戻らない”問題も(焦りました)。

それでも懇親会には講師の先生も参加くださり、
笑いの絶えない楽しい会になりました。

初めて委員会として懇親会プログラムを組んでくれた研修委員が
司会から撮影、景品の準備まで頑張ってくれました。
おかげで普段なかなか顔を合わせる事のない会員同士も交流することができました。

特におもしろかったのが「〇〇といえば」ゲーム
例:「すしネタといえば」の問いに「まぐろ」など各人が思う回答を一斉に掲げ
同じ答えの人数分を各人の点数としてカウント。
最終的に合計した最低点の人が「もっとも少数派の代表」として優勝しました。

「弁当のおかずといえば」→卵が圧倒的に多い中、「鮭」「トマト(プチ)」と書く人。
「赤い食べ物」→りんご、トマトが大勢の中、「いくら」と書く人。
意外な答えの連続におおいに盛り上がりました。

せっかくの20周年だからとお呼びしたOGの皆さんも
懐かしいお話しと若い世代との交流もあり、とても楽しんでいただけたご様子。

発足から20年。今では看護学校やリハビリ系育成校、大学まで幅広い会員組織になりました。
これまでの経験を活かして30年目、40年目と発展していける研究会にしていきたいです。

(南国のライブラリアン)

2017.10.19

JHLA第2回研修会情報 懇親会・宿泊編

約1か月後の
11月11日(土)は2017年第2回研修会です。
「医療安全plus病院図書館」をテーマに
山形県立中央病院を会場に行います。

今回の研修会は、教育研修委員だけでなく、
現地スタッフもプログラム作りなどに関わっています。
現地スタッフ中心に、
懇親会ご参加の方限定の宿泊プランを企画、ご用意いただきました。
その懇親会・宿泊プランをご紹介します。

【懇親会・宿泊】
会場:天童温泉 桜桃の花 湯坊いちらく
http://www.itiraku.com/
◆懇親会
山形県立中央病院から会場までは貸し切りバスで移動します。
お宿オリジナルの地ビールや山形食材をふんだんに利用したお食事を堪能できます。(バイキング形式)
懇親会に参加された方には、宿泊の有無にかかわらずお風呂も楽しめます。
※懇親会終了後、山形新幹線 天童駅20:30発で東京へ帰ることも可能です。

◆宿泊
懇親会参加された方への特別宿泊プランをご用意いただきました。
バイキング形式の朝食付きです。
3名1部屋 5,000円(同室者指定の有無にかかわらず選択できます)
2名1部屋 7,000円(同室者を指定してください)
1名1部屋 10,000円

学びだけでなく交流も重視している研修会、
皆様のご参加をお待ちしております。

今回通常より締め切りが早めとなっております。締切間近!お急ぎください!!

研修会参加申込締切:10月23日(月)


(JHLA2017年第2回研修会担当)

2017.10.16

JHLA第2回研修会情報 アクセス編

11月11日(土)は2017年第2回研修会です。
「医療安全plus病院図書館」をテーマに
山形県立中央病院を会場に行います。
外部講師の講演やランチョンミーティングなどのプログラムをご用意いたしました。
また地方開催ということもあり
図書室見学や、地域などのネットワークの報告もあります。
そして賛助会員による展示ブースにプロダクトレビューも実施します
…と1日とは思えないほど、盛りだくさんの内容です。

 

参加したいけれども…どう行けばよいのだろうか?
そんな皆さんのために、今回は交通の御案内を。
 
【アクセス】
◆電車利用
奥羽本線 新庄・横手方面(下り)
山形駅より10分、南出羽(みなみでわ)下車、徒歩7分(駅が隣接してます)
10月現在の時刻表を調べますと、
受付に間に合うようにするためには…
8:42か10:18の電車となります。
※山形新幹線 東京駅7:12発、山形駅乗り換えで間に合います!
 
研修会までで帰られる方は…
山形・福島方面(上り)は 17:14、18:26の電車があります。
新庄・横手方面(下り)は 18:04の電車があります。
 
◆バス利用
山形交通
山形駅前2番から20分
10月現在の時刻表を調べますと、
受付に間に合うようにするためには…
9:11か10:01のバスとなります。
 
研修会までで帰られる方は…
県立中央病院は 17:30のバスがあります。
 
今回通常より締め切りが早めとなっておりますので、お気を付けください!
 
研修会参加申込締切:10月23日(月)

 
(JHLA2017年第2回研修会担当)

2017.10.11

悩める乙女いざ走らん

心が疲れたときは、体を疲れさせることだ。
体が疲れるとよく眠れる。その睡眠が心を回復させる。

これは父の言葉です。

ふられて泣いた次の日も、むしゃくしゃして帰った夜も
気づくとわたしはランニングシューズをはいて外に走りに出かけます。
落ち込んだら、とりあえず走るべ。今日はそんな話です。
「悩めよ乙女ジョギング」とでも呼びましょうか。

最初はなかなか、落ち込んだ状態から抜け出せず、
もやもやといろんなことを考えながら走っています。

「どうしてあんなことしちゃったんだろう」

「なんでもっとうまくできないんだろう」

「わたしなんかダメ人間だ」

こんなマイナスな考えばかりが頭に浮かび、
それを振り切るために必死で筋肉を動かします。

大好きな音楽を聴きながら、無我夢中に走り続けます。
走る息苦しさが、悩む苦しさを相殺していく感覚になります。
自然と耳に入ってくる歌の詞(ことば)は、
普段聴くものと同じはずなのに驚くほど直接的に心に響きます。

不思議とポジティブなことしか考えなくなります。

「まあ、過ぎてしまったことはしかたないな、まあ、いっか」

「うまくいくように次はこうしてみよう」

「今思い出したけど、自分にもこんないいところがあったじゃないか」

こんな調子になり、最終的には、
「これからどんな楽しい人生が待っているだろう」
なんてメルヘンな気持ちになったりもします。

だんだん自分に自信が湧いてきます。
なんでもできる気持ちになってくるのです。

スポーツの秋。
悩めよ乙女ジョギング、おすすめですよ。

(秋のはしりや)

2017.10.04

ガラパゴス?映画業界

趣味は多くあれど、昔から絶対に欠かさないのが映画または外国ドラマ鑑賞です。
基本的には何でも観ます(和製の若手恋愛と和製ホラーは苦手ですが…)。

ただ観るだけでなく、映画のイベントやプレミアに行くのも好きです。
先日はたまたま旅の時期と重なったため、旅先で某映画のプレミアイベントに参加し、
好きだったオスカー俳優のサインをもらい、写真を一緒に撮ることもできました。

また映画やドラマのロケ地を旅のついでにまわるのも好きです。
(あぁここはあの映画で使われていたなぁ)とか、(この場面にここ映っていた!)など
劇中を思い浮かべながら、自分が同じ場所に立っていることに感激します。
例えばロケ地がお店だと、劇中エキストラとして出演した店員さんたちもいて、
運が良いと裏話が聞けたりもします。

映画やドラマの原作本や脚本、シリーズ小説や漫画を読むのも好きです。
映画の元になったとなると普段自分からは読まなそうな本も読むので、読書幅が広がりとても面白いです。
ここ1年で面白かったのは、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」という映画の原作本
「名編集者パーキンズ」A.スコット バーグ著(草思社文庫)です。
映画と原作が全く違っていて、それはそれで面白かったので興味がありましたら是非。
(ちなみにパーキンズは、ヘミングウェイやフィッツジェラルドを発掘し育てた、アメリカ近代文学史の伝説的編集者です)

アメコミの場合は、先にアメコミが好きだったので、そこから映画を観ることが多いですが
最近は某ディ●ニーに買収されたせいか、マーベルも日本で人気になってグッズが増えましたね。
個人的にはDC派(スーパーマンとかバットマン)なので、こちらももう少し営業を頑張っていただきたいのですが…。


さて、海外に出ると日本の映画事情の遅れが良く分かります。
特に近年では日本公開の半年以上の遅れや、DVDスルー(劇場公開はせずDVD販売のみ)などが顕著です。
悲しいことに、上映が決定しても、日本での公開より先に海外ではDVDが発売されることもあります。

アジア全体がそうかと思いきや、まったくそんなことはなく、韓国や台湾では世界の公開にほぼ足並みを揃え
遅れても1,2日、基本はアメリカやイギリス、中国など映画大国に公開日を揃えています。
SNS社会で溢れる公開後の感想やネタバレを、日本人は必死で避けなければいけなく悔しいやら悲しいやら。
果ては、もう2か月なんて待ってられない!とばかりに韓国や台湾に映画を観に行く人も少なくありません。
私が先日旅先で観た映画も、日本での公開は2018年となっていました。
時差があるにもほどがある!
(ちなみに、日本国内でも米軍基地はアメリカ領土になるため、映画はアメリカ本土にあわせた公開になってます!)

そうすると映画のアジアプレミアイベントも、おのずと中国以外では韓国か台湾が増え
今ではプレミアイベントの多さは中国に次ぎ韓国となっています。
アジアの映画市場は今では中国、韓国が主になり、業界が盛り上がればスポンサーも出資する額が増えます。
スポンサーがつけばロケ地はもちろん、出演俳優までもがその国を使うことは良くあること。
最近劇中で日本が減っている理由も頷けます。

日本は映画業界も携帯同様ガラパゴス化していて、なんだかなぁという思いです。
もちろん日本産の映画も良い映画が多いです。時代劇映画は日本でしか生み出せないですし…
ただ、それだけしか上映しない。宣伝しないというのが残念でなりません。
日本でよく言われているのが「邦題にしたときの改悪」「プレミアにおける海外俳優への失礼&残念な対応」です。
ユーザー置いてけぼりの映画業界。映画ファンの声が全く届いていないかのような対応。

ますますガラパゴス化していく日本の映画業界。
この先どうなっていくのか、いち映画ファンとしても不安でなりません…

(ただの映画好き)

Calendar

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site