ブログ

2016.12.02

白内障で手術

2年半ほど前にコンタクトを作るために行った眼科(コンタクト専門)で、どうも左眼が白内障にかかっているようなので、
改めて設備の整ったきちんとした眼科を受診することをすすめられ、行ってみたところ、やはり“白内障”だと診断されました。
そのときは、まだ軽度なので様子をみましょう、1年に1回程度いらしてくださいというくらいでしたので、すっかり(うっかり?)
安心してそのままになってしまいました。

最近になって、なんだか左眼にいつもごみがついているような感じがずっとしているので、久しぶりに眼科を受診しました。
前回は何も処方されず年1回でいいということでしたので、今回は目薬が出るのかな?くらいの軽い気持ちでいたところ、
先生から「白内障が悪化してます。そのままにしても悪くなるばかりだけだから、手術した方がいいですね。(きっぱり)」と
すてきな笑顔ですすめられたので、すぐに手術決定です。

白内障というと「高齢者がなる病気」と医療関係者と思えないような勘違いをしていた私はかなりショックでしたが、
周りでも50代ですでに手術を受けている方が少なくないということが分かって、その皆さんからの温かいアドバイスもあり、
リラックスして手術当日を迎えることができそうです。

さて、職場では2月から新しい上司が着任しています。上司と言っても10歳ほど若く、働きざかり。
毎日「アジェンダ、インバウンド、ダイバーシティ」とか、小池都知事が発するような英単語が次から次と出てくるので、
ついていくのに精いっぱい。
私の老いた脳みそにカツを入れられるような気がします。

(たんちょうヅル)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site