ブログ

2015.01.06

たとえ水没しても・・・自己を嗤う度量

大らかに生きたいですね

その要素のひとつは

笑い です。

笑いはストレス解消をもたらし、精神的健全さを保ちます

「自己を嗤う度量」を持つことも、その要素のひとつかもしれませんね

「他人を許し、自分も許し、寛容な精神で大らかに生きる」

(かの岩井健太郎先生が NHK きょうの健康 で言っています)

私も…

「自分も他人も陽気に笑い飛ばす、寛容さと真のプライドを持てる人」

になりたい・・・

(って、前置きが随分長くて、防衛線をはっていること見え見えですが)

 

先日、スマートフォンを洗濯しました。

1時間は水没です。勿論故意ではありません(トホホ…)。

洗濯が終わり、衣類を取出し、最後に表れたスマホ。

少し乾くと、画面がぼんやり出てきて、しかも何か言っています。

「パスコードを入れてください」

でもすぐに画面が消えてしまいます。

急いでショップに行き

解決法を聞き

一番近い修理ができる店を教えてもらいましたが

修理不能ということで、新しいスマホに。

しかもデータはすべて消えてしまいました

教訓1iCloudの設定は必須です(設定していなかった、トホホです)

教訓2:保険はかけておこう(保険をかけていたので、修理代はお安く済みました。ヤッター!)

一番驚いたのは

自分の携帯電話番号とメルアドを設定してもらったら

今までの全ての連絡先と、メールボックス内容が戻ってきたことです。

(不幸中の幸い、すごく嬉しい!)

仕事もスマホも、データのバックアップは重要ですね

この話で職場は大盛り上がり、自分を嗤いながらも教訓を得る。

今年も泣き笑いの1年かな

でも、笑い飛ばしてスタートです

by 福ちゃん

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«1月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site