研修会topics

2021.06.09

研修会の講演録画を撮ってきました

いよいよ621日から、日本病院ライブラリー協会初のオンライン研修会がスタートします。

この研修会はいつものようなリアルタイムの研修会ではなく、
事前に録画した講師の講演や事業報告などを一定期間配信するという形式です。
配信映像は講師(特に東京から遠い方)に独自に録画して用意していただくか、
または東京の録画会場に足を運んでいただいて録画する、という2つの方法を取りました。

東京での録画作業は64日(金)に実施しました。
小さな会議室に専門のスタッフ2名とJHLAの大沼会長、
東京在住の教育研修委員の伊藤と真島で作業にあたりました。
当日はあいにく全国的に大雨で、日立からかけつけた大沼会長はびしょ濡れでした。
でも、録画場所の会議室はJR水道橋駅のすぐそば、
徒歩1分ほどのわかりやすい場所にあり、
講師の先生方のご利用は便利だったと思います。

東京での録画に参加してくださったのは
特別講演の武藤芳照先生、教育講演の眞野節雄先生、
医中誌Webのバージョンアップ情報をお話しいただいた黒沢俊典さん、
そして会長の大沼さんでした。

私たちJHLA担当者にとって初めての経験なので
録画がどんな具合に進んでいくのか不安…というか見当もつかなかったのですが、
専門スタッフのお二人がサクサクと準備、録画を進めてくださり、
とても順調にスケジュールを終了することができました。
今回お世話になった専門スタッフというのは、
JHLAが誇る電子版所蔵総合システムHospiCa!
のシステム製作を
手掛けてくださっている渡辺さんとアシスタントの松山さんです。
HospiCa!のご縁がこんなところにも活きてくるなんて、素敵です。




小さな会議室には大きなカメラが3台も運び込まれ、
モニター4台と複雑な音響機材なども設置されて、
あっという間に本格的なスタジオに早変わりです。
床には配線コードが縦横に張り巡らされ、
これにつまずかないように移動するのはかなり気を遣いました。
消毒用アルコールをふんだんに用意して、頻繁にデスクや備品などを消毒し、
換気にも気をつけたことは言うまでもありません。

午前11時前から準備を開始して、
すべてが終わって会場を後にしたのは午後6時を回っていました。
でも幸いなことに、この時間には雨も上がっていました。

このようにして録画撮りした映像と、各講師から送っていただく映像が
どんな具合に編集されてオンライン研修会として出来上がってくるのでしょうか。
ここから先はJHLA教育研修委員や渡辺さんの構成手腕の見せ所です。

621日からの配信開始を皆様、どうぞご期待ください!


by教育委員

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Category List

Feed

Mobile Site