ブログ

2017.09.20

靴の話

突然ですが、皆様は「靴」はお好きですか。
私は洋服と同じくらい、いえ、それ以上に靴が好きです。
街で見かける色とりどりの美しい靴は、芸術品のような存在感があって、眺めているだけでも幸せで
す。
というよりも眺めていることしかできないのですが・・・
なぜかというと私は、サイズが小さい・外反母趾・皮膚が弱い・という三重苦の足の持ち主なのです。
自由に歩ける健康的な足を持っているだけで十分幸せですが、靴を履かない日はありませんので私に
とっては大きな悩みです。
悲しいことに、デパートの服屋さんに置いている靴や、安価でおしゃれな靴はほとんど足に合いません。
靴擦れをして痛いけれど、なんとか履けるようにと買った中敷きやクッションパッドの類はお店が開ける
ほど持っています。
そんな私が唯一、何の心配もなく履けるのが、真冬に履くムートンブーツです。あのブーツが世に出て
きたときは、本当に素晴らしいものが流行してくれた!と感激したことを覚えています。
しかも北国の深ーい雪にもばっちりです。

話がそれてしまいましたが、長年の悩みを解決するには文句ばかり言っていても仕方ない、と思い立
った私は初めて「ちゃんとした靴」を買うことに決めました。
シューフィッターの店員さんがいるお店に行き、あれこれ何足も試し履きした結果、靴の専門家が選ん
だのは驚くほど小さな靴です。店員さんは、まるで奥歯を抜く歯医者のように力をいれ、靴べらを使って
グリグリ・・・と私の足に履かせてくれました。
圧迫されて血が止まる!と思うほどきついその靴は、不思議なことにしばらく歩くと足に一体化したよう
に馴染んだのです。
まるでメーカーの宣伝文句のようになってしまいましたが、私はその瞬間にプロの凄さを身をもって体
験し、このブログに書かせていただこうと思い至りました。
そういうわけで、普段安物買いをしている私にとってはすごく勇気の要るお買い物でしたが、「良い靴は
その人を素敵な場所へ連れて行ってくれる」という言葉を信じ、大事に長く履いていこうと思っておりま
す。

(Y.Y)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«9月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site