ブログ

2016.08.10

思い出の本

私は子供の絵本をお借りする為、自治体の図書館に大変お世話になっています。
どの絵本もお話しや挿絵がとても素敵で個性豊かです。

絵本を探していると時折、私が子供の頃に読んだ絵本と再会できる瞬間があります。
「いもとようこ さん」「いわさきちひろ さん」「五味太郎 さん」の温もりのある絵。
「おばけのてんぷら」「ぐりとぐら」「三びきのやぎのがらがらどん」「11ぴきのねこ」
「ねずみ君のチョッキ」「はらぺこあおむし」などです。


「りゅうのめのなみだ」(偕成社)
浜田廣介 文・いわさきちひろ 絵


「おばけのてんぷら」(ポプラ社)
せな けいこ 作・絵

これらの絵本と再会できた瞬間に「懐かしい!」と思わず手に取ってしまいます。
しかも数刷目として今もなお現役で、新しい本の状態で本棚に並んでいることに感動を覚えます。

そして、夏休みが近づく頃に書店では文庫コーナーが広く特設されます。
表紙は現代のイラストレーターによる新デザインです。
ずっと前に読んだ、または読みかけのあの本とも再会できます。
毎年、懐かしくなり、また読んでみたい気持ちになります。

私自身は読書の習慣から遠くなっていました。
絵本や文庫コーナーを通して、改めて読書による心の安らぎやドキドキ感などの魅力を実感しています。

私は今幸運にも病院の図書室勤務となり図書室で仕事をしています。
日々の蔵書登録を通して、様々な分野の専門書のタイトルを目にする機会をいただいています。

様々な医療の専門分野があり、その分野を多くの方々が研究されています。
そして、その本や論文を熱心に読み勉強される方々がいらっしゃいます。
その努力に尊敬の念を抱きます。

振り返ると、ずっと前に読んだ思い出の本からも著者の熱意を感じ取り、
その頃の思い出と一緒に心に残っていたのかもしれません。

皆様にとって「思い出の本」はどのような本でしょうか。

(図書館好き)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«8月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site