ブログ

2016.12.26

年末大掃除

世の中はクリスマスの翌日から急に年越し・年始の雰囲気になる。

デパートではお正月向けの羽子板や熊手の飾りを模した装飾になり、お琴の音が流れる。
テレビでは年末年始特番のCMが始まる。師走、である。

図書室も例外ではない。年末大掃除は、しなければならない。

本と雑誌とパソコン機器に囲まれた図書室は、ホコリもカビも湿気も溜まりやすい。
病院委託の清掃業者さんは入らない部分なので、すべて図書室担当で済ませなければならない。

例年、マスクに手袋・エプロン姿で脚立に登り、普段は見る事もない書架の天板や雑誌架奥の壁際の掃除を始める。
化学雑巾は便利な代物で本や書棚を濡らさずに美しく仕上げてくれる。
1冊1冊手に取り、古すぎる蔵書を“発見”しては廃棄対象の棚へ移動する。

途中、複写依頼や業者対応で中断するが、そればかりにかまけていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。

心中では「家の掃除もまだなのに…」などとぶつくさ言いながらの作業である。

なにか、もっと楽しくすいすい掃除できる方法があれば教えて欲しいものだ。
いや、きっと有能なヒトならば既に掃除も終えているのかも。

今年のヨゴレは今年のうちに~♪と気分を盛り上げるべく口ずさみながら、
今日も掃除に勤しむ私なのです。

来年はもう少し時間管理ができるようになりますように・・・。

(南国のライブラリアン)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site