ブログ

2015.11.20

代替の救世主…?

 秋も深まりそろそろ冬支度という季節。
感染対策の看護師や薬剤師との会話の季節ネタがインフルエンザの時期、
我々病院図書室司書のネタが「来年の外国雑誌」になっています。

さてそんな季節ネタですが、ここ最近のお決まり文句が「(予算の懐具合が)寒くてねぇ」だったりしますが、
今年は例年以上に寒い…いやむしろ「極寒なんです……」という文句になってしまいました。

例年お決まりの値上がり&電子商品(OnlineJournal)に対する課税!
タイトル変更無しのはずなのに、ナニコレな金額が並ぶ見積書!!

OMB!!
(日本人の神は仏陀だから"Oh My buddha"だろ、と北米の友人に言われたのです…)

施設自体の懐具合が寒い中、当たり前に様に出せる金額ではありません。
しかも当院はいま「節制!節約!削減!!」を打ち出している、八方塞状態。
前回のblog執筆された、「悩める米どころ女子」様とまさに同じく、
吟味に吟味を重ね話し合いに話し合いを重ね、中止か継続かを決めていくことになりました。

ただでさえ少ないタイトル数。 多少とはいえ利用もあったタイトル。
それでも経営を考えれば断行せざるをえません。

有り難い?ことに、自ら「中止にしていいよ」と言ってくれる部署多数で、なんともいえない気持ちになりました。
こういうとき、複雑ですよね……。
前向きに考えれば『なんとなく、一応ないと格好つかないから』という理由で購読していたタイトルを削減できたということでしょうか?

結果的に、かつて無い数のタイトルを中止にし、相当額を抑えられることになりましたが。
それでも、結果を見てみれば今年の実績とトントン!!(若干の抑えられましたが、雀の涙です)

中止にしたものはもう仕方なく、ならば代替としてのILLやデータベースに力を注ぐしかありません。

ILLといえば無くてはならないのが目録ですが、JHLAでは今年Web目録「HospiCa」がスタートとなり
会員の多くの方が、HospiCaに助けられていることも多いのではないでしょうか。

じつは……当院、まだ入っていなかったりします…!
どうしようかな、と迷っていたら、いつも締め切りすぎているお粗末な展開。

ところがなんと、そんな中HospiCaの素敵な情報が飛び込んできました。
今年最後の参加募集と言うことで12月25日まで参加募集がされているというではありませんか。


しかも、今申し込めば、ライセンス料金ゼロ円のラストチャンス!
病院もこれなら、いいんじゃなーいー?と申請OKだしてくれそう!

これを機会に、今度こそ申請出してみてようかな、なんて考えております。

HospiCa、まだだったー!という方も、ぜひラストチャンスつかんでみてはどうでしょうか?

(by.冬眠したい人)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Calendar

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Search This Blog

Feed

ほ・す・ぴの部屋

2014年8月までのブログはこちら

Mobile Site